cymk

canon EOS M10とNexus 5X・XPERIA XZsで写真を載せてます。お料理記録とかお出かけ記録とか。普段は都内で働いています。

日常にお金を掛けてみるということについて(随筆)

今日、昔の知り合いから結婚祝いが届いた。その中にかわいくて柔らかな布巾が入っていた。
私は独り暮らしを始めた頃から、布巾は「白くて地味でなるべく大きくて水をよく吸うもの、それでいて安いもの」を使うようにしていて、今回いただいた布巾のような、可愛くて上質なものを使ったことがなかった。
おそらくこれも水をよく吸うだろうと思う、やわらかで可愛らしい色や柄のついた布巾。その糸の流れを指で辿りながら、自宅にある他の布巾のことを考えると、この可愛い布巾を一体いつどのように、どんな場面で使えばいいのか判らなくなった。
そもそも私は今日この布巾を手に取るまで、布巾に可愛いと呼ばれる世界があるということを知らなかった。

これはプレゼントであるという前提を抜きにして考えたのだが、ちょっとした物を買う時に前向きに品を選んで購入する事は、私にとって非常に難しいことだと思う。ちょっとした物は、比較的近くに寿命があると私が思っている物のことだ。今回の布巾以外でも、例えばタオルもそうだが。

私は布巾やタオルは2年程度で買い換えるようにしているが、それは私の感覚的な潔癖によるもので、実際どのくらいの汚れ・菌があるのかは知らないし、気持ちさえ落ち着けば良いと思っている。
では、そういった感覚的な潔癖は何のために発生しているのかと考えると、もしかしたら自分の中で、上質でないものを購入しているという思い込みや、自分に対する一種の諦観のようなものがあるからなのかも知れない。

日常のなんでもない物に対してお金を掛けるというのは日々の磨き上げに近いような気もする。私が日頃お金を掛けないと決めている・あるいは本能的にそうしてしまっている事柄に対して、その価値を認め、今と変わらない量であっても前向きに「お金を掛けてみる」という行為は、「自分に対する干からびてしまった感性」に温かい血液を通すような、感覚にむけた優しいリハビリになるのかもしれない。

アイリスオーヤマ加湿器 SHM-260D レビュー

昨年の終わりごろから部屋が猛烈に寒くなってきた感覚があったが、同時に肌などの乾燥も目立ってきた。

部屋の湿度がかなり下がっているなかでエアコン暖房を付けるとさらに皮膚などの痛みも出てきて、これはよくないと思い加湿器を買った。

本当は加湿機能付き空気清浄機を見たかったが、そうするには下調べが必要だと判断し、今回はひとまず加湿器を買うことにした。

およそ1ヶ月使用してみたためレビューを書こうと思う。

 

購入した加湿器について

購入した加湿器はこちら。

  

購入時の選択基準

購入はヨドバシカメラ新宿西口本店にて。加湿器は20種類ほどあった気がする。

その中で購入したい加湿器の条件として、以下の7つの条件を満たすものを購入した。

  • 7畳〜8畳ほどの部屋を加湿できるもの
    → 適切な部屋の広さは7畳との記載あり
  • 夜通し加湿できて、朝まで辛くならないもの
    → タンクは1.9リットル、1時間あたりの加湿量は260mlのため単純計算で7.3h連続加湿(ただしタイマーはなし、水がなくなると自動でオフになる)
  • 本体が廉価なもの
    → 2800円くらいで買いました
  • 電気代は1時間あたり15円以下のもの
    → 1時間あたり10.5円との記載
  • 安定して置けるもの
    → たまに丸いものなどをみかけるので。蹴ってしまったりしても転がったり転倒しないもの
  • 蒸気が上に吹き出るもの
    → 殆どすべての加湿器が上向きでした。
  • 知っているメーカーのもの
    → 他に知っているメーカーのものはありましたが高価でした。

使用してみた感想

よかったこと

  • サイズ感も丁度よく、邪魔にならない
    → 幅×高さ×奥行=140×260×241
  • 水の入れ替えが楽
    → 本体上部においてあるタンクを持ち上げるだけ。
  • 連続加湿時間長い
    → 購入時の検討どおり、タンクを満タンにしておけば連続で7時間の加湿が可能
  • 加湿具合が丁度いい
    → 260ml/hに対して8畳の部屋を加湿したが、十分加湿されていると感じる。
  • 清掃が楽
    → 3〜4つのパーツに別れており、一つ一つの清掃はスポンジを1つ用意すれば本体意外は十分清掃できる。

わるかったこと

  • カルキの汚れが結構つく
    → 色々調べてみたが、今回購入した加湿器の仕組みでは避けられないもののようだ。
    本体の加熱部やその周囲にカルキが溜まるのだが、一晩1.9リットルの水で加湿しているので多い分溜まりやすい。
    2週間に1回は清掃が必要と感じる。

結論

  • 安い商品であるため、機能面などでの不足感は否めないが、値段を考えればコストパフォーマンスは最適の商品と言える。
  • 清掃の必要性については確実に必要と言えるので、あまり頻繁に清掃できない人は製品の構造を考えて清掃しやすいものを選んだり、清掃が少しだけでOKと謳っている製品を探すのがいいと思う。
  • 高価な機種と廉価な機種のどちらにしても、加湿器は長くても5年程度で買い換えたいと考えていた。今回のカルキの汚れをみてその気持ちは強くなった。
    そうすると高いものを買う意味ってあるのかな、など、様々なことを考えてしまう昨今である。

 

納豆チーズトースト

お題「朝ごはん」

 

最近の朝ご飯のブームは納豆チーズトースト。

https://www.instagram.com/p/Bd-OFMnF8zb/

パンに納豆とチーズを載せ、オーブントースターでパンが焼けるまで加熱する。

上の写真はかいわれ大根を載せたもの。

 

パンは8枚切りを選ぶと納豆の重みにパンが負け、納豆が垂れてつらい。

6枚切りが丁度良い。

納豆とチーズ以外は何も乗せないけれど、おそらく塩・こしょうを振っても美味しいのではないだろうか。

 

https://www.instagram.com/p/Bdd8DhVlBhe/

これがプレーン(?)な納豆チーズトースト。

チーズは色んなものがあるので試すが、やはりシンプルなチーズが一番美味しい。

塩気が無いチーズがあれば、それがお勧め。

 

https://www.instagram.com/p/BdEsdsSFcvE/

ゴーダチーズとチェダーチーズのミックスされたチーズを多めに載せたもの。

 

このトーストの良さは断然腹持ちで、一枚だけでも満足度が高い。

他のサンドイッチとか作って食べるより良い。

チーズと納豆のコンビも最強で、一日パワフルに生活できる。

 

風邪予防に◎◎をするといいという情報に思うこと

今週のお題「体調管理」について。

冬は風邪のシーズン。毎年予防を頑張るのだが、どうしてもこの時期は気が抜けて風邪を引いてしまう。

続きを読む

Herz ラックスリュックを使ってみたレビュー(経年変化編)

久々にHerzのラックスリュックの様子を纏めようとおもいます。

実はこのブログはHerz ラックスリュックの記事を目当てとしたアクセスが8割を占めており、最後のHerz関連投稿をした数ヶ月後の今になっても同様のアクセスが多い状態です。

続きを読む

2018年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」について。2017年の経験などから書いていきます。

続きを読む

年末のズボラ大掃除

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

大掃除なわけですが、毎年何を使ったか忘れてしまい徒労の時間を過ごすので、メモをしておきます。

 

  • メインで使用するもの
  • キッチン
    • 壁と調理台
    • シンク
    • 換気扇
  • 洗面所
    • 引き出しや棚
  • お風呂
    • 全体
    • 浴槽内追い焚きパイプ
  • ホコリがたまるところ
  • 本・洋服
  • 玄関
    •  靴
  • 窓・網戸
  • トイレ
  • 食器や他家財
  • おわりに

 

続きを読む